yakouseki

雨 夜2016/01/27


悲しい夢からさめると
窓はまだ冥(くら)く
かよわくて硬質な雨の音がする

あいづちを待つ人を放って眠れないように
おそらくしばらく眠れないだろう

おもむろに半身をおこして
甘いものが食べたい
と欲しているのはわたしなのだろうか

おもわぬ方向に裂けるチョコレートの銀紙を
もどかしく裂いて ひとかけら
供えるように舌先におく

ほろにがい夢の断片がひらめいては
車窓の街燈のように遠のいて

不明瞭にながれる泪は
誰の歌だろう


















.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://melharp.asablo.jp/blog/2016/01/27/8001633/tb