yakouseki

蝦夷山桜2021/04/25



さくらちらほら咲いてきました。




この公園の近くに私の住んでいた住居があるのですが、
本州転勤の後、そこには戻れなくなってしまいました。



ちょっとさびしいけれど、
公園にはいつでも来られるので
また来よう。




文学館では太宰治展をやっていたので
のぞいてきました。

思い出すのは

中学1年生の時、同じクラスのまだあまり話したことのない女の子が
「あなたの誕生日は太宰治の誕生日と同じだから」
と言って唐突に太宰の本を貸してくれたこと。



読書嫌いで文学とも無縁だった私が
変わるきっかけになった日です。
 (画像は文学館で購入した本です)



その同級生も昨年、本州から札幌に帰郷し、
数十年ぶりに交流が再開しました。
 (画像は知らない絵描きさんです)



季節はめぐり
雪解け水も、
たましいの縁も循(めぐ)り

会えない人ともつながっていることを感じる
うす曇りの
出生地の
花の下です。






コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://melharp.asablo.jp/blog/2021/04/25/9370730/tb