yakouseki

藤井正治 藤井葉子[待つ日々・待つ人] 展2022/09/27




友人の藤井葉子さんとご主人の正治さん、
おふたりの展覧会『待つ日々・待つ人』が
札幌市東区のギャラりーカフェ〈茶廊法邑〉でひらかれています。




正治さんは絵画を、葉子さんは紙、布、糸、などの素材を用いた造形作品を制作、展示されています。



会場内の様子はこちらでご覧ください↓

茶廊法邑ホームページ




おふたりの作品を組み合わせて作られた今年のカレンダー、
お送りいただいてわが家に飾っているものです。


あらたな作品世界をめくる毎月のお楽しみ。
(あと3枚になってしまいましたが)




展覧会『待つ日々・待つ人』は、
コロナ禍の長引く自粛期間に制作された作品が中心とのこと。

一刻一刻の思いを紡ぐように描かれ、縫われ、造られた作品たちからは、
もどかしいばかりではない「待つ」時間の豊かさも伝わります。

コロナ禍に限らず、
待つ人、待たれる人のねがいに寄りそうような
おふたりの思いの詰まった展覧会だと感じました。

10月2日までです。







カフェスペースにも作品がたくさん展示されています。








コメント

トラックバック