yakouseki

透明書簡―詩画奏―45.2022/05/31




浸食のすすむ行き場の晦冥にて
残像の月のひとつを磨き
見送る



 ◆絵・瀬川葉子◆詩・糸田ともよ













コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://melharp.asablo.jp/blog/2022/05/31/9495845/tb