yakouseki

詩/よあけ2024/06/21

よあけ



よあけ 1


孤立は徹夜明けの悪寒

冷たい霧が皮下を流れ
看取られなかった細胞たちが
掃かれている

私という過疎のむらに
ときおり訪れる幻の楽隊

幽遠な楽想そのものの

川べりをゆく




よあけ 2


パレードの道には
うすくれないの
死者たちの耳が満開だ

満開という連帯のよいかおり

聴いているのは
奏でるものの真剣な無言

朋によく似た
最後尾の楽隊員が風になるころ

草陰に
蒔絵の笛が落ちている





2021 『舟』39号より