yakouseki

あれこれ(10月)2022/10/24






愛犬ミルの心臓(僧帽弁形成)手術が20日、
無事に終わりました。

犬猫の心臓手術ができる動物病院は限られていて、
北海道にはただひとつ。

その病院を作ってくださった沢田先生、
関東から来て執刀してくださった上地先生、
手術までの定期検査と治療をしてくださった
かかりつけ医の椎名先生、
スタッフのみなさま、
ミルを助けてくださり、ほんとうにありがとうございまいた。

手術を待っているわんちゃんは多く、
ミルも手術の予約をしてから4ヶ月、待ちました。
その間、私の気持ちの支えになってくださったのは
かかりつけの動物病院院長の椎名先生です。

手術でお世話になったお二人の先生もまた
人生に休息があるのかしらという激務の中、
飼い主の気持ちに寄りそう丁寧な接し方をしてくださいます。

言葉をもたない動物の痛みや思いに
つねに心をかたむけているからでしょうか

その、言葉を超えたやさしさと笑顔に
うたれました。







ミルはまだ入院中で、
沢田先生と動物看護師のみなさんにお世話になっています。






順調に回復して退院できたら
またミルのぬくもりと
(雑音のない)鼓動を感じながら
一緒にねむりたいです。






写真は22日の平岸霊園です。
両親、祖父母にも報告とお礼を。







手術の成功をともに祈り、
励ましてくれた家族、友人にも
心からの感謝を……🍀











コメント

トラックバック